Top

保健行政論

Latest update on 2017年4月17日 (月).


1.授業のテーマと到達目標

公衆衛生行政の法律や組織,制度について理解し,それらの根拠となる考え方を学ぶ。

2.授業の概要と計画

前期火曜2限,看護専攻2年及び他専攻3年。

過去の記録:2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度

以下に掲載する資料は随時更新するので,できるだけ最新版を参照してください。

  1. 行政とは? 公衆衛生・保健行政の国際比較(4/11,資料
  2. 日本の公衆衛生の歴史(4/18,資料
  3. 医療法と地域医療(4/25,資料
  4. 地域保健(5/2, 和泉教授担当, レポートは紙で提出)
  5. 医療経済学(5/9)
  6. 医療保険制度と医療保障(5/16)
  7. 医療従事者(5/23)
  8. 最近のトピック・質問への回答など(5/30)

参考リンク先

社会保障と税の一体改革
■ポータル:厚労省 | 財務省 | 内閣官房 | 政府広報オンライン
■背景としての人口高齢化:厚労省の情報(人口高齢化,社会保障給付費の推移,歳出・歳入構造の変化) | 国際比較(リンク先資料9ページ) | 日本の人口ピラミッドの推移,3時点
■平成27年度社会保障の充実・安定化について:厚労省参考資料
■医療保険改革法成立(2015年5月)産経新聞記事 | 読売新聞記事 | 中日新聞記事 | 毎日新聞記事 | 朝日新聞記事 | 赤旗記事 | 「医療保険改革法(持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律案(平成27年3月3日提出))」概要条文案,まだe-govには本文が未掲載) | 官邸「医療保険制度改革骨子(案) 付属資料」
■社会保障制度改革関連法文(e-gov) 社会保障制度改革推進法 | 持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律
■(参考)米国オバマケア関連 JETRO「ヘルスケア改革法が産業界に与える影響 | ハフィントンポストのオバマケアQ&A記事 | CLAIR REPORT(米国における高齢者福祉対策) | マイケル・ムーア監督の映画Sicko

3.成績評価と基準

【成績評価方法】8回の講義で毎回レポート課題を出すので,原則として1週間以内にwebフォームからレポートを提出すること(和泉教授担当回のみ紙で提出)。各20点満点で採点する。5回分(6回分以上提出した場合は点数の高い5回分)の合計点が評点となる。

【成績評価基準】保健行政について正しく理解したかどうかを評価するが,考察の深さや説得力により加点する。

【注意!!】 webフォームで提出後,確認画面がブラウザに表示されていれば100%提出できていますので,無闇に問い合わせメールを送らないでください。

4.履修上の注意(関連科目情報等を含む)

公衆衛生学,保健福祉論とは密接なつながりがあるので,併せて復習されたい。

5.オフィスアワー・連絡先

火曜日18:00〜18:30,E707

6.学生へのメッセージ

成績評価はミニレポートのみによるので,確実に提出すること。

7.今年度の工夫

背景情報を増やしました

8.教科書

とくになし

9.参考書・参考資料等

10.キーワード

日本国憲法,内閣法,医療法,地域保健法,医療保険,中医協,医師法


Notice to cite or link here | [TOP PAGE]