群馬大学 | 医学系研究科・医学部 | 公衆衛生学教室 | サイトトップ

セキュリティ関連リンク

最終更新: 2009年 4月 22日 (水曜日) 13時18分

無料アンチウイルス関連ソフトリンク集
Kingsoft Internet Security U:週刊アスキーで絶賛されていた。リアルタイムスキャンもでき,ファイアウォール機能もあり,全部入りだが無料なのは,広告収入によるのだそうだ。広告なし版は有料。
BitDefender Free Edition:常駐してウイルス監視する(リアルタイムスキャンをしてくれる)ソフト。最大の特徴は,proxy越しでもウイルスパターンデータベースを自動更新できることだと思う。
ClamWin:GNU GPLでオープンソースで開発されている点が最大の特徴。ウイルス検出力には定評があるが,リアルタイムスキャン機能がないのが弱点。
AVG Anti-Virus Free Edition:かなり強力なリアルタイムスキャン機能があり,更新も頻繁。登録要(メールで送られてくるシリアルナンバーを入力しないと使えない)。英語版だが,AVGのセットアップ方法など日本語による解説ページも多数あり。
Avira AntiVir PersonalEdition Classic:英語版。これもかなり強力なリアルタイムスキャン機能があり,更新も頻繁。登録不要。3.5 MBくらいの.EXEファイルをダウンロードして実行すればインストールできる。英語とドイツ語のみだが,サポート掲示板あり。ぼくは基本的に日本語フォルダ名を使わない(デスクトップには何も置かない)ので気づかなかったが,2バイト文字のフォルダ名をもつフォルダ内のファイルは正しくチェックされないという情報があるので,注意が必要かもしれない。
Avast! 4 Home Edition:日本語版がある。家庭での非営利利用なら無料。リアルタイムスキャン機能もある。登録は必要。
ZoneAlarm(Check Point社提供):いわゆるパーソナルファイアウォールソフトである。個人ユーザは無料で利用できる。インストールして実行すると,ネットワークパケットを監視してくれるようになる。netbiosを使ったファイルサーバにしているときは,多少設定が面倒だと思う。しかしノートパソコンをPHSなどでネットワーク接続したときなどは,外からどんなパケットが飛んでくるかわからないので,こういうソフトを実行しておくのは必要な防御だと思う。
日本語版Microsoft Baseline Security Analyzerがマイクロソフトからリリースされている。これを実行するとWindowsそのものやOfficeなどのセキュリティパッチの適用状況を調べてくれて便利だ。
パスワード管理について
ID Manager作者のサイト):パスワードは,アルファベットと数字の混ざった6文字以上のものにするのが基本条件で,規則性がなく,個人情報と無関係なものが望ましいとされている。覚えておくのがベストだが,複数のアカウントがあると覚えられなくなるので,パスワードを乱数を使って自動的に生成したり,それを暗号化してディスクに保存しておくために(それを参照するために,1つだけはパスワードを覚えておく必要がある),このフリーソフトが便利。
みんな、パスワードの管理どうやってる?(/.Jのスレッド)は参考になる。
マイクロソフトのアップデート(要IE)
Windows Update:「製品の更新」を選び,「重要な更新」に該当するパッチは当てておく必要あり。一般論としては,自動更新を有効にしておくべき。ただし,当てると環境によっては変な動作をするパッチもないわけではないので,緊急でなければ当てる前に下記セキュリティmemoのサイト等で情報収集した方がいいかもしれない。
Office Update:MS Officeユーザは,「製品の更新」を選び,「重要な更新」に該当するパッチは当てておく必要あり。パッチを当てる際,MS OfficeのCDが必要なので,手元に用意しておくこと。
▲上2つのサービスを統合したMicrosoft Updateを利用するのが便利であろう。
情報リンク集
セキュリティmemo(龍谷大学・小島 肇さんによる):新しいセキュリティ情報全般が,深いコメントとともに公開されている。お薦め。
国民のための情報セキュリティサイト(総務省):エンドユーザ向け,サイト開設者向け,企業・組織向けとターゲットを分けてコンテンツが用意されている。
新種コンピュータウイルス情報 | ウイルス情報データベースiPedia(情報処理振興事業協会セキュリティセンターIPA/ISEC)
インターネットセキュリティ関連の RFC(和訳も)(情報処理振興事業協会セキュリティセンターIPA/ISEC)
安全なWebサイト利用の鉄則(産業総合研究所セキュリティ研究センター)
Security link(日本コンピュータセキュリティ協会)
Show's Hot Corner(中村正三郎さんによる)
Virus Information Center(コンピュータアソシエイツ)
JPCERT/CC(コンピュータ緊急対応センター)
CERT/CC
slashdot Japan セキュリティトピック
大学における情報セキュリティポリシーの考え方
Mail relay testing:MTAを動かすときは,オープンリレーになっていないかをチェックする必要があり,ここはそれをチェックしてくれるサイトである。MTAを動かすサーバからtelnet relay-test.mail-abuse.orgとしても同等のことが可能だが,どちらかは必須。
▲産総研・高木浩光さん日記。セキュリティ全般について参考になる。

リンクと引用について