2019年度 | 2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | Top

環境・食品・産業衛生学

Latest update on 2020年7月6日(月)


1.授業のテーマと到達目標

大気・水・騒音・振動といった物理化学的環境は,ヒトが生きる環境のもっともベースとなる条件を規定する。それらの物理化学的環境条件に応じて,ヒトを含む個々の地域生態系が成立し,生物学的環境や社会文化的環境が構築される。ヒトの生存は,それらの環境条件の中で,どのように生産と消費を持続していけるのかにかかっている。この授業のテーマは,こうした意味での環境衛生,食品衛生,産業衛生の各論を示すことであるが,知見そのものだけではなく,どのように測定・検査・評価がなされるのかという点まで含めて理解することを到達目標とする。

2.授業の概要と計画

※参考資料や配付資料は昨年度版がリンクされている場合があります。

環境の概念と地域生態系(4/6,プレゼン資料
■参考文献
大気・温熱・気圧(4/13,プレゼン資料
■参考サイト
■熱中症関連サイト
騒音・振動・放射線(4/20,プレゼン資料
■参考サイト
■エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワ『ゴーストタウン:チェルノブイリを走る』集英社新書
「放射線量等分布マップ・拡大サイト」(田崎晴明『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』朝日新聞社,2012年,p.84,図5.1には,このサイトで得た2011年のCs134+Cs137の分布が示されている),田崎さんの本のweb版
▲総務省の電磁波の安全性への取り組みpdf
栄養(4/27,プレゼン資料
■Cousera:
■TED:
(参考書追加・『食べる人類誌』以外はすべて海事科学分館開架に所蔵)▼スー・シェパード(赤根洋子訳)『保存食品開発物語』文春文庫▼高橋久仁子『「健康食品」ウソ・ホント:「効能・効果」の科学的根拠を検証する』講談社ブルーバックス▼杉晴夫『栄養学を拓いた巨人たち:「病原菌なき難病」征服のドラマ』講談社ブルーバックス▼John Krebs(伊藤佑子・伊藤俊洋共訳)『食:90億人が食べていくために』丸善出版▼フェリペ・フェルナンデス=アルメスト(小田切勝子訳)『食べる人類誌:火の発見からファーストフードの蔓延まで』早川書房(これのみ海事開架になし。国際文化学図書館の開架に所蔵)
食品衛生(5/11,プレゼン資料
Jamie OliverのWhat not to do in the kitchen
米国食肉輸出連盟のHACCP
食品トレーサビリティ(農水省)(トレーサビリティの草分け的サイトだったSEICAは2018年夏に運用停止になった)
Five keys to safer food (WHO)
化学物質の管理(5/18,プレゼン資料
生物学的環境としての感染症(5/25,入子先生)
廃棄物と都市環境(6/1,プレゼン資料
Ghana's toxic e-Waste affects on children's health
Ghana's world biggest e-Waste dumping site
Dandora Dump Site (Nairobi, Kenya)
第41回日本毒性学会学術年会で報告された,家畜と住民の化学物質汚染
Report in Feb 2019
Love canal disaster (NY times)
水(上下水道)(6/8,プレゼン資料
産業保健(6/15,プレゼン資料
過重労働撲滅対策特別班(かとく)について補足資料
腰痛対策
毒性学入門(6/22,プレゼン資料
※神戸大学のネットワーク障害のため,BEEFからのレポート提出期限は来週月曜(6/29)14:50までとします。
Subramanian MA (2015) Toxicology: Principles and Methods (English Edition), 2nd ed., Kindle version[英語だが安価なテキスト],エーベルス・パピルスの説明Gilbert SG (2012) A small dose of toxicology (English Edition), 2nd ed. epub/kindle/pdf with ppt[英語だが無料のテキスト],用量反応関係のRサンプルコード, 厚労省毒性試験データ用のテストコード [データソース])
Dose response curves for rats
公害と地球環境問題(6/29,プレゼン資料
環境省サイトのIPCCによる「1.5℃特別報告書」
リスク論(7/6,プレゼン資料
(参考)WHOによるヘルスワーカーの労働条件についてのDCEのガイド:https://www.who.int/hrh/resources/dceguide/en/
(7月13日は講義はありません)Zoomでのセッションは開きます。質問があれば答えます。
期末試験(7/29,13:10-14:40)持ち込み不可で知識を問う試験をするため,B201とB202で対面式の試験を実施します。登校が難しい方は個別に連絡ください。

3.成績評価と基準

期末試験により評価する。毎回BEEFによりミニレポートの提出を求めるが,期末試験の成績が60%に満たない場合はミニレポート内容によりプラス評価を加える。

4.履修上の注意(関連科目情報等を含む)

公衆衛生学(入子准教授担当)と相互補完的に学習されたい。後期の公衆衛生学実習を有意義なものとするためには,本講義において基礎的な知識を身につけておくことが前提となる。

5.オフィスアワー・連絡先

火曜日18:00~18:30,E707

6.学生へのメッセージ

資料を随時webで公開するので参考にされたい。

7.今年度の工夫

できるだけ迅速に質問に答えたい。

8.教科書

とくになし

9.参考書・参考資料等

10.キーワード

物理化学的環境,生物的環境,環境衛生,食品衛生,産業衛生


Notice to cite or link here | [TOP PAGE]