サイトトップ | Software Tips | R tips

Rで学ぶ人口分析 (Learning demographic analysis using R)
『Rによる人口分析入門』サポートページ

Latest update on 20th September 2020(コード修正)

Topics

このページは表記の本についての情報を掲載するためのものです。コメントや質問は,minato-nakazawa[at]umin.netまで(ただし[at]は半角の@)メールでお願いします。

This page is provided to support analyses written in my own Japanese textbook "[R] de manabu jinkou bunseki" (Learning demographic analysis using R), which will be published in the near future.

書誌情報

ダウンロード

草稿(進捗率50%くらいか)

出版社との約束により,この草稿はこれ以上アップデートしません。2019年8月くらいの脱稿を目指しています。

2019年9月16日に,内容的には一応脱稿し,出版社の担当者にメールで送りました。しかし表の形式など体裁がまだ完成には遠いので,2019年中の刊行は難しいかもしれません。

2020年5月1日現在,初校を了えて出版社に返送したところです。

2020年6月5日現在,再校中です。

2020年9月1日が発行日となりました。早い書店では8月末から店頭に並ぶと思われます。

Rスクリプト

日本語を含むスクリプトでは,文字コードだけが異なるShift-JIS版とUTF-8版を公開していますが,最近のRStudioではプロジェクト単位で文字コードを指定できるので,もしRStudioでスクリプトを開いて文字化けしていた場合,Tools>Project Options>Code Editingで,そのスクリプトの文字コードを正しく指定すれば,文字化けは直ります。

第1章はコードもデータもありません。

第2章「人口分析に使うデータ」

第3章「人口構造の分析」

第3章の補足コード

第4章「死亡の分析」

第4章の補足コード

第5章「出生の分析」

第5章の補足コード

第6章「結婚と離婚」

第7章「人口移動」

第8章「人口推計とシミュレーション」

タブ区切りテキストデータ

上記スクリプトから読むようにしていますが,直接ダウンロードも可能です。

本文で触れたサイトへのリンク集

統計データ

国内

国際

地図データ・GISソフト

参考:北大MPH講義


リンクと引用について